やさしい暮らし、自然な暮らし。

子供にも自分にも自然にも家計にも優しい生活を。〜おうちやごはんや大好きなパンのこと〜

「フランス人は10着しか服を持たない」を読んでいます。妄想の10着選んでみました👗




ずっと読みたいと思ってた本、やっと買いました。





「フランス人は10着しか服を持たない」
パリで学んだ”暮らしの質”を高める秘訣
ジェニファー・L.スコット
神崎朗子=訳





フランスの女の子が昔、我が家でホームステイをしたり、
大学でフランス語を習ったり、
旅行や短期留学でフランスに行った事もあり、
私はフランスが大好き。

私もホームステイをした時に、
ホストマザーの生活に対する考え方を聞いて、
とても影響を受けました。


まだ、この本の
part1「食事とエクササイズ」の
Chapter1「間食はシックじゃない」
Chapter2「食べる喜びを我慢しない」
だけしか読んでいませんが、
フランスでの生活を思い出し、
もう一度その経験から学べるという事ができ、
この本のありがたみを感じています。




人生をどう生きるか、
大事なのは、何をするかではなくて「どのようにするか」だという事。

食事とエクササイズの章でも、
著者がホームステイした家庭のホストマザーのマダムシックやその家族の、
食事に対する考え方が書かれており、
とても為になりました。

食事をするにしても、
「携帯をいじりながら、テレビを見ながら食事をする」
のと、
「目の前に絶品料理があるかのように、それに集中して味わいながら食べる。一緒に食べている人との会話を楽しみながら食べる。」
では、大きく違いますよね。

1日に3回もある食事の時間。
人生の多くを占める食事の時間。
日頃の食事も後者にする事で、人生は大きく変わると思います。



これから読み進めるのがとても楽しみです。


知らなかったのですが、
2も出ているそうです↓



まだワードローブの章まで進んでいませんが、
クローゼットの中を思い出すと、着ていない服が沢山…。

流行りの断捨離につられて、
昨年沢山捨てたはずなのに。






もしかして、
要らないものを捨てる
ではなく、
要るものを残す

と考えていない時点で間違ってしまっているのかもしれません。

この本のワードローブの章は後日読むとして、
要るものを妄想で残したいと思います。









この季節に応じた10着を
私なりに選んでみました。






1.ニットトップス


パンツに合わせたり、スカートに合わせたり。定番のニットです。






2.デニムパンツ


定番のもの。
細身なので、4のロングワンピースや2の丈の短いニットなどのトップスとも相性抜群で、とっても使えます。





3.ニットのロングワンピース


タイツに合わせて、それだけで様になります。
アクセサリーを替えたり、羽織るものを替えたりして、雰囲気を変えれます💕





4.ロングコート


上品なコート。丈感が同じくらいなので、3のワンピースに合います。もちろん、2のデニムにも。




5.Vネックニット


シンプルな定番のニット。流行に合わせて、スカートにインして着るのが今年っぽいです。定番なのでずっと使えます。




6.ボリュームスカート


お仕事でも、お出掛けでも使えるスカート。2や5に合わせて重宝しそうです。




7.ダウンベスト


こちら、ワンピース、デニム、ボリュームスカート、何にでも合わせれて、簡単にオシャレに見える魔法のアイテムです。ワードローブに1つにあるととっても便利。オススメです。




8.長袖カットソー


こちらも定番の着回し用に。





9.ワイドパンツ


寒くなってくると、スカートが辛くなるので、丈の長いワイドパンツも必要です。こちらも、スタイルカバー力があり、今年っぽさも少し取り入れる事ができるので、プチプラでワードローブの1つにあると良さそうです。




10.ショート丈のダウンコート


色々着回すアウターはショート丈の方が良いと思います。ワンピースにも合わせる事ができるし、脚長効果もあります。最後の10個目はこちらで決まり!









ショート丈のアウターが、好みのものを持ち合わせてないので、購入しようか検討中です。









今回のように、
欲しいものから、足りないものを考える方が上手くいきました💕