やさしい暮らし、自然な暮らし。

子供にも自分にも自然にも家計にも優しい生活を。〜おうちやごはんや大好きなパンのこと〜

奈良県の若草山へ子連れ山登り(ハイキング)へ 初心者向けで抱っこ紐でも問題なし

暖かくなってきたので、今年最初の山登りというかハイキングへ。

父が山登り好きの為、赤ちゃん連れでも登れる山を選んでもらいました。
今回は奈良公園にある若草山へ。

ゴールデンウィークど真ん中に行ってきました。



写真のとおり、快晴。
若草山の緑がとってもきれいでした。





メンバーは…
4歳児
0歳児(パパのエルゴ抱っこ紐)
パパ
ママ
じいじ(68才)

この4人で、箕面の滝ぶりのハイキングです。





4歳児で35分
実際に山を登っていた時間は、4歳児で35分でした。

当日のタイムスケジュールはこんな感じでした。

11時00分 東大寺
  ↓  鹿と遊んだり トイレ等
11時30分 北ゲート(登山口)到着
  ↓
11時50分 一重目頂上到着
12時45分 一重目出発
  ↓  二重目を通り越し
13時00分 三重目頂上到着


入山前は鹿さん達と戯れる時間がかなりありましたが、山登りの時はほとんど止まらずに歩きました。
4歳児が一番早かった。。。






北ゲート(登山口)

ここで入山料を払って山登り開始です。

近くにはトイレやお土産屋さんがあり、自動販売機もあります。
山頂駐車場まで行かないとトイレや自販機はないので、お子様はこちらでトイレ必須です。






1番近い駐車場
北ゲートのすぐ近くに駐車場があるので、車で来てすぐ入山したい方はおすすめです。ゴールデンウィークど真ん中の11時でも空いていました。
おじさん曰く、ここまで車で来る人は少ないそう。
一日1000円なので、そんなに高くはないと思います。





景色がきれいで登りやすい
入山してすぐきれいな景色が広がります。

少し階段を登り下を見下ろせば、こんな景色が。



一重目までは、木陰が多く気持ちよく歩けます。
階段なのでベビーカーは無理ですね。。。




ランチタイムは一重目頂上か三重目頂上で
一重目頂上到着。

4歳児もこの景色に大喜びです。


こどもの日だったので、じいじがかしわ餅を持ってきていました。
お弁当の後にパクリ。


二重目を通り過ぎ、山頂(三重目頂上)を目指します。

山頂(三重目頂上)の写真は全部自分たちが写りこんでいて良いのがありませんでした。
ここでもお弁当を広げる人達がたくさん。

ここは鹿さんもいて、またまた子供たちが鹿と戯れていました。





子供は紐付き帽子必須

山頂は木陰もなく太陽の光が降り注ぎます。
そして風も強いので、紐がついてる帽子が必須です。


↑こういうタイプのものが良いです。

アジャスターと紐付きなのでサイズ調節が簡単で、風に飛ばされないあご紐もあります。親子でお揃いでも可愛いです。






山頂(三重目頂上)の少し奥400mのところに山頂駐車場がありました。
ここは無料で駐車できます。





くだりは原生林コースも
父のすすめで下りは原生林のコースを下りました。こちらは若草山ではないそうです。
もちろん登ってきた道をくだることもできます。
この原生林コースは約3km。


景色はずっとこんな感じです。
何箇所か休憩所があり、小さな小川が滝のようになっていたりして、4歳の息子は眺めたりしていました。
大人の私たちもその音に癒されたり。
林の中なので、若草山を登っているときよりだいぶと涼しく感じました。





入山料、開山期間

入山料
大人(中学生以上)150円  
小人(3歳以上)80円                         (団体(30名以上)大人120円小人60円)

開山期間
3月第3土曜日から12月第2日曜日



鹿がいるので子供達が楽しめる

子供達は山登りも楽しんでいましたが、鹿さんにとても興味を示していて、山登り+鹿と、楽しみが2倍になります。

歩くだけだと退屈してしまいそうな子供も、鹿がいる絶景の若草山なら大丈夫なのではないでしょうか。





4歳の息子の感想

「登るの1番早かったー!」と喜んでいました。また山登りしたいそうです。
思った以上に元気で、全然疲れた様子もなく歩いていました。
荷物もちゃんと持って。

↑これのお陰かもしれません。





抱っこ紐で登った夫の感想

1歳2ヶ月、9.5kgの息子を抱っこ紐で頑張って抱っこしてくれた夫、腰痛など心配しましたが全く問題なかったそうです。

時間が短かったからかな?

登山口までの道のりも関係してくるかと思いますので、くれぐれも無理のないようにお願いします。